ゼロからスタートする不動産投資

不動産投資をゼロからスタートする普通の人と、地主さんが土地のあるところに一棟建築するのとでは、不動産投資のスタートラインが違います。

規模的なことでいえば、後者の方が大規模ですし、最初の投資のリスクも低いように感じられます。

持っている土地に上物を建てるというのは、一見恵まれたスタートのようにも思えます。

しかしふたを開けてみると、ゼロから不動産投資をスタートした普通の人が創意工夫でアパート経営を乗り切って成功していく中で、地主さんの方のアパートはなかなかうまくいかないという例も少なくないようです。

★関連ページ→URL:http://style.nikkei.com/article/DGXMZO81472040Q4A231C1000000

これには理由があって、普通の人が不動産投資を思い立って、あれこれ工夫しながら成功していくのは、不動産投資に対して本気で取り組んでいるということが一つあります。

不動産投資で成功しようという意気込みがあります。

一方地主さんの方が注力しているのは節税対策です。

相続税などをどうにか節約することが本来の目的なので、不動産投資という意識が低いためです。

最初から賃貸物件に投資するという意識があれば、場所も選ぶし、付近の環境や賃貸需給を調べて投資しますが、節税対策の不動産の経営は、経営者としての立ち位置が違うことがわかります。

不動産投資もさまざまなアイディアや投資スタイルがあります。

自分に合った投資方法を探して、老後のために早めにスタートするのがベストなのは、他の投資と同様でしょう。

経験を積んで、最終的には不動産投資一本で生活が成り立つことを目指したいですよね。