はじめての不動産投資

不動産投資で怖いのは入居者が決まらない時。

最初こそ入居者がいるものの、その入居者が退去してしまうと、次の入居者がなかなか決まらないというのは、大家さんには誰しも経験のあることでしょう。

最初の不動産投資で家賃でローンの返済を予定している時に、長く次の入居者が決まらないと、返済が苦しくなってしまいます。

サラリーマンなら月収から補填しながら次の入居者を待つことになりますが、長引くと生きた心地がしなかったという新人大家さんも少なくないでしょう。

こうしたリスクを減らすためにも、保証付きの新築物件などがあります。

保証付きの物件は高くつくと考える大家さんもいます。

不動産投資物件に必ず入居者がつくという自信があるならば別ですが、保証制度などは積極的に利用すると、その分ストレスも軽減されます。

特に不動産投資が初めてで、最初の一軒を管理している人は、面倒でも保証付き物件を考えてみることをおすすめです。

不動産投資はプロの人でも失敗するときは失敗します。

自分の物件に入居してくれる人がいることで、初めて成り立つのが不動産投資です。

日銀が買い入れを行っているリートへの投資も形を変えた不動産投資のひとつです。

物件を購入することが難しい人でもリートへの投資を通じて不動産投資を行うことが可能になっています。

リートも組み入れ物件の種類によってさまざまな種類があります。

初めての不動産投資でリスク分散のためにさまざまな物件に手を広げることは難しいですが、リートならば自然にリスク分散もできます。